2017年8月アーカイブ

『食い倒れツアー』

                                                                   鹿児島営業所 鹿児島園材  田中

 

美味しいと評判の某レストランに勤務している 可愛らしい娘のようなお友達。

今回、レストランが1週間ほどお休みになったので(店主が長年思っていたご旅行に行かれるとか)、
日頃なかなか行けない気になるお店のランチやディナーを食べたいとのこと。


彼女曰く 題して『食い倒れツアー』


類は友を呼ぶ。彼女の回りには、美味しいものに目がない肉食系女子や

ノリのいい老若男女!?が集まってくる。

ってことで、初日と中日の『食い倒れツアー』に参戦してきた。


彼女がチョイスしたお店はどこもシェフが心を込めて作り出す、絶品料理を提供している。

参加した2軒とも、すでに何度か行っているが、そうそう足を運べない。
だから、お供するのも楽しい。

 

美味しいものを食べると 自然に笑顔になるし、会話も弾んで楽しい。

他人を笑顔にできる仕事って 料理人てすごいよね。

お腹も心も幸せいっぱい!!

 

で、さすがに食い倒れました。・・・(@_@;)

彼女はというと、昨日も今夜も明日も・・・

スケジュール埋まってる・・・

若いって、すばらしい・・・

 

あとは迎えるべく千秋楽!!  お供つかまつることになってます。

食い倒れて、ついでに家計も倒れそうだが・・・まっいいか。^m^

 

写真は 予約を入れてくれた、これも同じく肉食系女子の

『肉多めで・・』とのリクエストに

シェフが答えてくれた一品。

 IMG_0119.jpg

 

子羊の燻製と茄子のサラダ



え??  サ・ラ・ダ ???   (^_^;)

 

なので、当然このあとに

メインの魚、肉料理が登場いたしました。とさ。

ごちそうさまでした。

夏の風物詩

                        鹿児島営業所 鹿児島園材 坂元

 

今年の夏はちりめん生地の金魚がやって来ました。 

 

 IMG_1289.jpg

 

 

 

何だか  可愛い。

IMG_1288.jpg

夏の花

                         宮崎営業所  宮崎園材   酒井


nztunohana.JPG


こんなに、暑いのに

「私の季節よ!」

と 言ってるかのように咲き誇っている。

 

朝顔も何年も前から時期が来ると 

いい感じに咲いている。

  

なんだか涼しい風が そよいでるかの様に、

軽音楽が流れているかのように、

 

   ああ~いいな~                       

        笑顔と幸せの風が流れている。

東京人と大阪人

九州の宮崎県と鹿児島県で商売をしているが

取引先の営業マン達は、東京と大阪からもやってくる。


彼らの言葉や声の出し方、態度やしぐさや、駆け引きの仕方には

それぞれ地域の特徴がある。


当然、彼らが訪問する先の社長さん達も

地域によって違いがあるはずだ。


彼ら営業マンはどう対応しているのだろうか?



矢野新一氏の

「都道府県別人気不人気ビジネスの法則」が

特徴をよくつかんでいて面白いので紹介したい。

〇東京人の場合


・一生懸命に取り組めば心意気に感じてくれる。


・情にもろい義理人情型が多い。


・話は単刀直入に、妙な駆け引きはマイナス。


・役人的気質があり、表面上のことや過去の実績にこだわるところがあるので

 新規の取引の場合は、コネを使ったり会社の説明をしっかりすること。


・差別化(他社との違い)をアピールするとよい。


・彼らは頭で考えてから動くから、論理的に説明するとよい。


・アポなし訪問はよほど信頼関係が出来るまでは

「何しに来た」と思われるので避けた方が良い。


〇大阪人の場合


・利に聡(さと)く、小回りも利き、粘りもある。


・とにかく金に細かいから、付き合うのは大変。


・「考えときまひょ。」などという曖昧表現が多い。


・駆け引きを楽しむ傾向にあるので、商談に時間がかかる。


・「オモロイやっちゃ。」と思われれば、

 一緒になって考えてくれることも多い。


・失敗談も効果的。


・「で、なんぼ?」ときたら、ボケとつっこみで対応するのがベター。


・東京に対抗意識があるので「東京では〇〇〇です。」という言葉は禁句。


・アポなし訪問は効果がある。


先月、大阪企業の経営報告会に呼ばれ行ってきた。

懇親会でのスピーチにその違いを実感した。


社長の挨拶は

「自虐的ひとりボケツッコミ」スピーチで

招待された取引先の支店長挨拶は

ほめちぎりスピーチならぬ、こきおろしスピーチ。

なのに場内大爆笑。


東京なら後で左遷になりかねないから注意が必要だ。


余談だがもうひとつ
帰りの梅田駅近辺でのこと。


信号が青に変わりそうな横断歩道を目指した際

低い階段に気づかず段を踏み外し

前のめり状態のまま、横断歩道へ突進してしまった。

タイミングよく青に変わったので事故を避けられたが

勢い余って歩道の真ん中あたりまでトットットッと

つんのめり、向かってきた小さい大阪のおっちゃんが

巨体の私を受け止めてようと歩道の真ん中で両手を広げて待ち構えてくれていた。

寸前のところで抱きしめられずに済んだが

二人で大笑いした。


東京で同じことが起こったらどうだろう。


きっと
蜘蛛の子散らすように誰もいなくなり

私は横断歩道のど真ん中で

スライディング状態になっていただろう。


大阪人は

懐に飛び込めば受け止めてくれるのだ。


ところで

我々九州人はどう見られているのだろうか?


取引先が「福岡人」の場合についても書いてあった。

福岡は3つの地域に分かれて特徴があるようだ。


〇筑前は


・概して商売には不熱心。


・感情で動く人が多いから人間関係が重要。


・気心を知るには顧客と一緒に遊ぶこと。


〇豊前は


・信頼されるまで時間がかかる。


・腰を落ち着けて「顔」のビジネスをすること。


・プライドが高いので上手におだてることも必要。


〇筑後は


・計算高いうえに口先だけのリップサービスが多いから

 言うことを真に受けてひどい目にあう危険がある。


・クレームをつけて支払を延ばそうとしたり値引きを迫る輩もいる。


・安いと平気で鞍替えすることも多く油断は禁物。



九州人の代表にしたくないコメントである。




ここで声を大にして言いたい!


我々、鹿児島人と宮崎人は違いますから。


楽天的で温和で素朴、お人よし、正直で真面目、穏やかで思いやりのある、

宮崎人。


不愛想で、照れ屋の中に不言実行を善とし、地道で真面目、義理人情に厚い、

鹿児島人。


我々には
ややこしい駆け引きは不要です。

素のままで向き合い、発展性のあるビジネスの為に

安くしてくれるだけで良いです。


明日からお盆休みです。

夏の後半に向けて体力を温存し

17日から元気にがんばりますので

宜しくお願いします。

蓮の花

                                    鹿児島営業所 鹿児島園材  吉丸

 

8.7.1.JPG

鶴丸城跡のお堀には、

蓮の花が、真夏の陽ざしを浴びて満開です。

ここを通る人は、思わず綺麗な蓮の花を見て

写真撮影で立ち止まってます。

 8.7.2.JPG


蓮の花を見ていると 仏壇のお釈迦様が

蓮の花の上に立っている姿を思い出します。

 

お釈迦様と蓮の花の意味は 

蓮の花の根がある泥の水中が六道を表して、

泥だらけの水中から抜け出して綺麗な花を咲かせる事が、

極楽浄土に往生することの例えになっているからです。

 8.7.3.JPG

 

現在 鶴丸城跡では御楼門・御角櫓の復元建設工事が行われてます。

2020年の完成を目指して工事が進められてます。

完成したときに蓮の花と一緒に写真撮影に行きたいと思います。


8.7.4.JPG   8.7.5.JPG

 

7月末

                                                                                  本社    河島 康介

小林店では、自社製造した竹垣を施主様の希望に添ってお庭に建て付ける作業がある。

先日も、庭先一面の植木を伐採し、そして当社の竹垣をつけてくださるお客様の所へ施工へ行った。      7月の終わり、真夏...。




近くにあった工事現場では、何十人もの方達が炎天下の中作業をしている。 
交通整理のお姉さんも炎天下の下、笑顔で仕事をされている。 




夏ってこんなに暑かったっけ?と本気で思いました。




熱中症注意、水中毒注意...。
下を向くだけで大量の汗がぽたぽたと地面に落ちていきます。





真夏の炎天下は危険がとってもいっぱい。



外で遊ぶとき、作業するときは、
帽子を被りましょう。
タオルを持ちましょう。
身体を冷やしましょう。
頃合いを見てほどよく休憩しましょう。
寝不足は禁物です。



言いつけを守り、僕は何とか炎天下での作業を成し遂げました。



大量すぎる、大量すぎる汗でしたが、
やはり身体を動かす仕事はやりがいがあります(・∀・)



おかげさまで立派な竹垣がお庭を飾ってくれました\(^O^)/




11592.jpg