心地よい庭とくらす ⑲沢流れ:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> お庭造りの豆知識 >>心地よい庭とくらす ⑲沢流れ
 

心地よい庭とくらす ⑲沢流れ

<野鳥呼び山中のよう>



 自然豊かな庭の中で水をうまく使うと、涼しさを感じたり、野鳥の姿を楽しんだりできます。

 花が咲く木や実のなる木が多い季節感のある庭は、鳥を呼ぶ環境が整っているので、バードバスがあるといろんな生態を観察することができます。数羽で水を飲んだり水浴びをしたりする姿は、鳥たちの憩いの場といったところでしょうか。

 秋から早春にかけて、市街地によくやってくるのが、メジロ・ジョウビタキ・ヒヨなど。キジバトは一年中、毎日のように姿を現しますし、近くに里山や森があれば、ヤマガラやシジュウカラなどもお客さまです。バードバス用の浅い水盤が手軽に手に入りますので、室内から見える場所に置いて楽しんでください。

 少し本格的にするなら、昔の臼など年代を感じさせるものを水鉢にして、竹や細い銅管などから水滴が落ちるようにすれば、いつも透明な水をたたえ、波紋の広がりや光の反射なども楽しむことができます。「雑木の庭」の木立の中にもよく合うので、お勧めです。

 やや大掛かりになりますが、庭に「沢流れ」を作ると、まるで山の中にいるかのような感覚を味わうことができます。沢底や護岸を細かく仕上げれば、少し水量でも木漏れ日を反射して柔らかくきらめき、見飽きることがありません。その水でバードバスを楽しむ鳥の姿は、愛らしくてより自然に近い印象です。

 最近は便利な防水シートや循環ポンプなどもあるので、腕に自信のある方は、挑戦してみませんか。



久富作庭事務所  久富正哉  (宮崎県)




 

ページトップ