剪定の意義について:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> お庭造りの豆知識 >>剪定の意義について
 

剪定の意義について

剪定は何故必要なのでしょうか?

「なんとなくわかるけど・・・

あ~今年も剪定料で出費が増えたわ。いっそのこと植木を無くして駐車場にしちゃおうかしら。」

とか思ってる人がいると思いますが

それちょっと待った!

 

植木が我々が生きていく上で

とても大切な働きをしていることに気づいて下さい。

 

剪定の意義は

寒い季節には日光が万遍なく葉の隅々まで行き届くように、

また夏の暑い季節には、繁茂した枝葉等を切除することによって

痛風、採光を良くし、

病害虫等の発生を防いで

生長を促進させます。

 

さらに

大気汚染物質の中には

粒子状物質の汚染物があり、

植物はこれらの汚染物質を、除去してくれる大気浄化機能を持っています。

他には

庭を眺めると

春夏秋冬を通じて変化する自然美に触れ

生活の潤いを感じ、緑に対する関心や畏敬の念、感謝の気持ちを持ち

いつの間にか

理解や知識の高揚に努めたいという

知的好奇心まで身につくことになります。

 

そのためには

適切な維持管理が必要であることを

理解していただけましたでしょうか?

 

近年は地球温暖化によるヒートアイランド現象を緩和すべく緑化の推進が叫ばれ、

これら緑化管理に対処すべく高度な剪定技能の維持管理が要求されていることも

よく知られています。

 

庭師の役割は益々重要となってきているのです。

 

何よりも

庭師とのコミュニケーションの中で「プロの講義」を聴けば

いつも見ている植木達に一層愛着が湧くはずです。

さらに

口下手で寡黙な庭師の心を理解していただければ

違う世界を擬似体験でき、豊かな人生を送ることが出来るかもしれません。

 

 

ページトップ
 前のページへ:樹木の剪定について 次のページへ:整姿剪定の目的