屋上緑化の基本用語:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> お庭造りの豆知識 >>屋上緑化の基本用語
 

屋上緑化の基本用語

「知っていて当たり前」のように使われている用語って

今さら聞けない。

だから、こっそり学びましょう!

 

<RC構造>

鉄筋コンクリート

 

<暗渠(あんきょ)>

地中に埋設された水路

 

<EPS>

発砲スチロールのひとつ

 

<SRC造>

鉄骨鉄筋コンクリート造

 

<S造>

鉄骨造

 

<嵩(かさ)上げ材>

土壌の下に敷く軽い材料

 

<荷重>

構造物が外部から受ける力

 

<灌水(かんすい)>

植物に水を与える

 

<冠水チューブ>

植物に水を与えるために設置したチューブ

 

<客土>

他の場所から運んできた良質の土

 

<人工土壌>

軽量化や保水性能の向上のため、人間が原材料に何らかの手を加えてつくった土壌

 

<立ち上げ・立ち上がり>

材が水平面あるいは斜面から折れ曲がって、鉛直方向に上がっていくこと。またはその垂直部分

 

<貯水・排水ボード>

貯水機能と排水機能を併せ持った板状の材料

 

<透水シート・透水フィルター>

目が細かく、土や石は通さないが、水はスムーズに通す材料

 

<土留め>

土壌が下方に流れるのを防ぐためのブロック状または板状の材料

 

<ドレイン>

雨水をスムーズに流すためのパイプや水

 

<パーライト>

黒曜石や真珠岩を焼成してつくった軽量の人工骨材

 

<排水層>

土壌内の余分な水を速やかに排出するために、土壌の下に目の粗いパーライトや

凹凸のついたプラスティック性の板などを敷いた部分

 

<薄層緑化>

5㎝前後の薄い土壌厚で緑化する手法

(乾燥に強いセダム類を用いることが多い)

 

<パラペット>

建物の屋上などで、先端を保護するために設けられた低い手すり壁

 

<防根層>

根が下部に浸透しないようにするための措置を施した部分

 

<防水層>

水が下部に浸透しないようにするための措置を施した部分

 

<ビオトープ>

生き物がありのままに生息活動する場所

 

<プランター>

植木鉢を入れたり、土を入れて植物を植える容器

 

とりあえずこれだけ知っていれば

屋上緑化の事例集を見ながら

説明文の理解ができます。

 

ページトップ
 前のページへ:剪定に必要な道具 次のページへ:屋上緑化の効果