子曰く、利に放りて(よりて)行えば、怨み多し:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>子曰く、利に放りて(よりて)行えば、怨み多し
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2010/07/17子曰く、利に放りて(よりて)行えば、怨み多し

(自分の利益のためだけに行動すれば、人々の恨みをかうだろう。)  孔子の論語

 

相互利益の思想を持った日本人、角倉素庵という江戸時代の貿易商人が

外国貿易の心得に書き残した言葉があります。

 

「貿易というのはどんなに利益が大きくても、

先方に利益がなければ終わりである。

こちらの利益がいかに少なくても、

先方にも与えるようにすれば長持ちすることが出来る。」

 

 

近江商人の「三方良し」

売り手良し、買い手良し、世間良し、を理念とし

 

みんなで win-win を 目指しましょう!

 

 

ページトップ
 前のページへ:人間学を学ぶ月刊誌 「致知」 次のページへ:事業承継