職人の腕:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>職人の腕
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2010/08/12職人の腕

世界文化遺産の法隆寺は1300年の歴史がある。

この世界最古の木造建築の大修理を成功させたのは

「癖のある木」 と 「使いこなす職人の腕」 にあるという。

 

「癖のある木」 とは 

木は、その木の生きてきた環境や特性によりそれぞれに「癖」をもっている。

性根の悪いものや、曲がったもの、周囲の木と上手くやっていけないもの 等

様々ある。

 

「使いこなす職人の腕」 とは

その様々な「癖」を 生かして、活かして、使い道を考えて、建造物の適所に使う。

それぞれの木を上手くまとめることが出来る「腕」のことだ。

 

それは、

「木のこころ」に目を向け

理解し

受け入れ

愛すること   なのだろう。

 

この世に存在するものに

無駄なもの、意味のないもの等 ひとつもない。

 

そのことを知れば

どんなものも「使いこなせる腕」 は

誰にでもあるのだと思う。

 

職人の腕は、物を見抜く目 でもあるのだ。

 

悩めるリーダー達へ

 

 

ページトップ
 前のページへ:  語らう 次のページへ:悩めるリーダー達へ