聴くということ:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>聴くということ
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2010/09/11聴くということ

30人ほどが集まったセミナーで

 目を瞑ってもらい

「今、人間関係で悩んでいる人はいますか?」

と聞いてみたら

殆どの人が手を挙げた。

 

という話を聞いた。

 

長い時間を共有する 職場や家庭が

悩みの場所であるとは

なんて悲しいことだろう。

 

その原因の多くがコミュニケーション不足にあるのではないかと

私は思う。

 

その中でも重要なのが

よく「聴く」ことではないだろうか。

 

人は話を聴いてもらうことで

「自分の存在を認めてもらった」

と感じるものだ。

 

そこ からは

「勇気」と「元気」と「愛」が生まれ

そこ には

「感動」もある。

  

まずあなたから

相手の話を聴いてみよう。

 

最初に

相手の話すイメージを合わせてみよう。

 

とにかく

投げられた言葉を受け止めてみよう。

 

そして

責めない、批判しない、評価しない、教えようとしない

ただひたすら聴いてみよう。

 

時折

言葉の意味を再確認しよう。

 

それから

今度はあなたから

言葉を投げ返してみよう。

 

静かに 静かに

受けて 投げて

受けて 投げて

繰り返す

 

まるで

ボールを投げて、キャッチするように。

 

大事なことは

相手にきちんと向き合い注目し、注意深く耳を傾け

「あなたの話をちゃんと聴いてるよ」

が伝わるようにすることだ。

 

相手の話のイメージが

見えて、聞こえて、感じて、味わえるまで

 

受けて 投げて

受けて 投げて

繰り返す

 

「理解してもらえない」

と思うのは

「理解してあげられない」 

からだ

ということに気が付いたら

 

人間関係は

変わらざるおえない

ことになるだろう。

 

 

ページトップ
 前のページへ:子供 次のページへ:好きな詩