協調行動の失敗:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>協調行動の失敗
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2014/06/23協調行動の失敗

新聞のコラムを読んでいたら

「協調行動の 失敗 」 という文字が目に留まった。


例えば

サッカー場で興奮した観客が一人立ち上がると、後ろの人も立たないと見えない。

最後には全員が立ち上がるが、全員座った状態に比べて見え方は同じ。

立って疲れる分だけ全員が損をする。


そんな状態をいうのだそうだ。


協調行動をしたがゆえに、全員が居心地悪い結果になるとは

なんとも残念なことだ。

 

さらに

一度この状態にハマると

外部からの働きかけや、介入、強制がなければ元に戻ることができない。


例えば

全員に「座りましょう!」と呼びかけたり

場合によっては立った人に罰金を科したりすれば

全員座ってゆっくり観戦できるというわけだ。


ついノリノリになったはいいが、疲れて座りたいのに

「私は絶対に座らない!」

と頑張ったところで誰も褒めてくれないのだから

大いに賛成である。



随分遠い昔のことだが

誘われて、日比谷公会堂で矢沢栄吉のコンサートを観たとき

開始から全員が立ち上がり

タオルを振り回しっぱなしの修行のような時間を思い出した。

野外コンサートなので

どうせコンクリートのベンチだから、お尻の為にも良かったと自ら納得したのではあるが

次回おごってくれると言われても

2度と行かないと思った。





あれから長い年月を経て

鹿児島に「ウルフルズ」がやってきた。

なかなかないチャンスなので行ってみたが

ご多分に漏れず立ちっぱなしばかりか、飛びっぱなし、腕上げっぱなしの3時間。

「ガッツだぜ!」 を叫びながら

あ~誰か 「座ろうぜ!」 って言ってくれないかなぁ と思いながらも

若者に交じってよくがんばった自分を褒めた。

 

しかし2度はない。

 


座りたい人用、立ちたい人用、
飛び跳ねたい人用の席

あるといいのに。。。


周囲に気を使わず、好きなように楽しめれば

これをきっと



「グループ分け協調行動の 成功 」

 

とでもいうのだろう。



 

 

 

 

 

ページトップ
 前のページへ:怒りの種 次のページへ:使い方の修行