家系図:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>家系図
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2017/03/20家系図


「幕末から現代まで引き継がれる家系図」と銘打った

家系図制作会社のパンフレットをもらった。


最大で父方母方、それぞれ4家系まで調べることが可能だそうだ。


身内が亡くなると繋がりが途絶える。


祖父母、父母、叔父叔母までは

彼らの言葉や姿に触れ、個性を知ることが出来るが

触れたことのないその先の祖においては

知る術がない。


心の中にでも存在を感じることが出来るのなら

知っておきたいと思う。


何故なら

彼らによって、現在を生きる自分が在り

自分が今、幸福であるか不幸であるかは

彼らの生き方の結果だからだ。


前世から定まっている命を「宿命」というのであれば

今が幸福であると感じるのは

彼らの陰徳の積み重ねのお蔭でもあるといえるだろう。


どんな人物がどんな生き方をしてきたのだろうか

知りたくなった。


そしてそれを引き継いだ自分は

より良い生き方をして次の世代への幸福を繋げていきたい。


ある人が

「宿命とは、過去の徳や不徳が DNAに蓄積されたことによる定めだから

変えることが出来ない。しかし、どんなに過去に徳がなくても

新たに徳を積んでいくことで「宿命」を良い方向に変えることが出来る。

だから、次の世代へと繋げる役割があることを肝に銘じて

徳を積んでいけばよい。

それには「報恩感謝」

感謝の行為こそ陰徳積みの極意である。」

と言ってる。


まだ間に合う。


自分の行動は自分一人のものではない。

「報恩感謝」の気持ちを持つことによって

個人の運勢だけではなく、家運まで大きく変えることができるのだ。


森羅万象すべての恩に報いて感謝の心を持ち

家運はもちろん、社運までを大きく変えちゃおう。



先月、我が最大の師である母親が

先祖として家系図の仲間入りをしてしまった。



そっちの世界とこっちの世界とどっちがいい?

と尋ねたら
「こっちの世界がいいよ。」

と答えるだろう。


で、私も

「こっちの世界がいいよ。」

と答える。

まだまだ陰徳が足りないからね。


それにもうちょっと楽しんでみたいと思う。



ページトップ
 前のページへ:喧嘩両成敗 次のページへ:新しい風