定年:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>定年
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2018/04/28定年

「本当に輝く人生は定年後に始まる。」

という文章に触れたのは8年前のことだ。

そこには

「それまでの人生がたとえ挫折続きでも、それは途中経過での評価にすぎない。

人生のフアイナルを輝きで満たすことそれが真の成功である。それは定年後に始まる。」

と書かれてあった。


しかし今

毎月決められた年金だけでは、趣味や読書や旅行やゴルフを

楽しめる時代ではないことは誰もが承知のことである。


今もこれからも

年金受給時期はどんどん先延ばしにされ、そればかりか減額もされ、

物の価格は謙虚ながらも上昇が止まらない。

定年後の収入があてにならないからやむ終えず働き続けないといけない

のが現状だ。


ならば

人生のフアイナルを輝きで満たす時はいつ来るのだろうか?


弊社も、定年を60歳から65歳まで引き上げた。

雇う側と雇われる側双方の希望が合致すれば、それ以後も働くことが可能だ。


これからさらに、働き続けなければ生活が行き届かないのは間違いなさそうだから

定年を目標にすることなど出来ないと誰もが感じているだろう。


それなら

「楽しみは定年後に」などと考えずに、職場で働きながら輝けば良いのでは?


「それじゃあ忙しい日常は変わらないじゃないか。」と思うなら

生きる目的は何かを今一度深く考えてみることだ。


働きながら楽しみや学びを見つけることが出来れば

人生はいつでも輝きに満たされる。


もっと言っちゃえば

死を人生最大の目的とすれば

死は人生最大の希望になる。


この世における人生の終わりは

あの世における新たな始まりなのだから

新たな始まりを最高のものにするために

今をしっかり生き、命の輝きを高めれば良いのだ。


それは、楽しみながら働き、働きながら勉強し続けることで可能になる。


そして、今この時、この場所で全力を尽くすことだ。



いつまでも会社に「残りたい」人ではなく、

いつまでも会社に「残って欲しい」人になろう!





ページトップ