誕生日:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>誕生日
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2021/09/11誕生日

誕生日になると、アメリカ同時多発テロ発生時の画像を思い出す。

お祝いの食事を済ませ、ほろ酔い気分で自宅に帰り着きテレビのスイッチを押した瞬間、

これは映画のワンシーンに違いないとずっと信じていたかった。


あれから20年。


世界がアフガンに目を向けるようになり、

女性が全身を覆うベール(ブルカ)から解放され、学校で教育を受けられるようになった。

政治面では男女平等も進み民主主義が発達した。

メディアも自由に活動し情報が入りやすくなった。


だが、突然の米軍のアフガン撤退により、

かつてのイスラム主義組織タリバン政権下のアフガン人の苦しみが再び始まろうとしている。


20年の間に何の産業も育てることもせず、多くの若者が難民として流出し、残った若者は生きるためテロ組織に入るしかなかった。

生産性のある産業を作り労働力として難民を戻していれば

経済は活気付いていただろうに。


今日、日本人記者として初めて現地へ入り街でインタビューしているニュースを観た。

治安は落ち着いている様子だが、そこに女性の姿はほとんどなかった。


テロが起こる以前は、イスラム原理主義に基づき女性の権利などを大きく制限していたが、

アメリカ軍撤退後の今後は、特に婦女子に対しての扱いはきわめて厳しくなると

誰もが危機感を感じているだろう。


現にタリバンの兵士がデモ参加者の女性をムチで打つなど、暴力行為をニュースで観る。

治安悪化は避けられない状況にあるのは一目瞭然だ。

それどころかタリバンは、アフガンだけでなく再び世界を恐怖に陥れる可能性がある。

タリバンだけでなく過激派組織イスラム国なども勢いづかせてしまうだろう。


イスラム主義って何だ? 宗教って何だ?

「真理」は一つなのに

「真実」は一つと思い込む原理主義的な考え方を変える機会はもう永遠にないのだろうか。


コロナ禍での「自由な時間」で宗教哲学を少しづつ学び始めているが

疑問で頭がいっぱいになる。

ページトップ
 前のページへ:初 盆