出処進退:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>出処進退
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2011/06/08出処進退

「出処進退」と聞くと

最近はつい「退」を思い浮かべてしまう。

 

まだ早かろうに・・・・

と言われそうだが

 

身の振り方を考えておくことは

とても大切なことだ。

 

 

企業においての

「社長」の立場で考えてみると

 

「出」とは

「社長」という出番をもらった時をいう。   

 

「処」とは

社長という役割に留まっている時をいう。  

 

「進」とは

売上を伸ばし

業績を伸ばし

会社を発展させ続けている時をいう。

 

そして

「退」とは

社員が自ら「使命」を持ち

会社での「能力」を発揮し

時代の流れに添って会社が「成長」していくようになった時に

 

次世代に夢の実現を託し

バトンタッチをする時をいう。

 

 

「出・処・進」までは

周囲の関わりの中で

引き上げてもらいながらのことだが

「退」は

周囲に相談することはあっても

「自らが決断」するべきことだ。

 

 

これが出来ない社長は結構多い。

 (社長だけじゃないね。)

 

 しかし「退」は

人生の終わりではない。

 

「退」が決断されたその瞬間から

「出」がはじまるように

第ニの人生の新たな始まりなのだ。

 

人生に目標を持つ!

 

次なる人生計画を立て

自からが楽しむことは

周囲をも幸せにすることだ

 

ということに気がつけば

サッサと引退したくなるだろう。

 

 

「自らの決断」

 

重い言葉だ。

 

 

 

ページトップ
 前のページへ:自己反省 次のページへ:独自性