人のせいにすること:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> さめこめ!鮫島産業女社長のブログ >>人のせいにすること
 

さめこめ!鮫島産業女社長のブログ

2012/08/07人のせいにすること

先日

知人からこのようなメールが届いた。

 

「最も非生産的なことで、物事が解決しない方法とは、人のせいにすること。

 

という言葉にふれ

物事がうまくいかないとき

知らず知らず無意識のうちに人のせいにしておりましたが

そういう思考を断ち切ろうと決意し

今も葛藤し続けながらですが自分を戒めているところです。

私の人生を変えてくれた言葉と言えるようにしていきたい。」

 

 

 

たまたまその時

100%相手が悪いトラブルに巻き込まれていた私は

「人のせいにする」権利を持っていた。

 

しかし

腹を立てて相手のせいにする時間とエネルギーがあったら

解決への時間に費やした方が効率的と考え

 

即座に

今大事なことは何かを  「選択」  し

良い方向へ解決することに  「集中」  した。

 

その結果

ピンチがチャンスに変わる機会を持つことができた。

 

この場合の

ピンチは 「信頼の喪失」

チャンスは 「今まで以上の信頼の獲得」

である。

 

 

信頼はお金では買えないが

効率的に前へ進むことで得ることが出来ることを

後日、関係者のありがたい言葉で証明された。

 

つまりは

人のせいにする時間があったら前へ進め!

その効率性は成長へと繋がる

ということだ。

 

 

メールをくれた知人へ

「ちょうど今こんなことがありましたよ。」

と返信をしたら

すぐに素敵な言葉が戻ってきた。

 

「出会うのは不思議なことにいつも等身大の事件です。

まさにいつもいつも天から試されているのですね。」

 

 

100%相手が悪いとはいえ

 「自分が受けなければならない課題だった。」

 ということに改めて気づかされた。

 

 

 

 

今日、なでしこジャパンがフランスに勝ち

銀メダルを獲得した。 素晴らしい!!

 

彼女達は練習の時も試合の時もいつも笑顔で

楽しそうで観ていて気持ちが良い。

 

どんなスポーツでも団体戦は

1人のミスがチーム全体の足を引っ張るので見ていてハラハラする。

しかし、お互いが激励し合いながらそのミスの穴埋めに他の人が力を発揮する姿は

こちらを感動させてくれる。

 

 

 

中、高とバレーボールの選手だった頃

「根性」だけが指導者からの評価であったせいか

バレーボールそのものを心から楽しめなかった私は

自分が何かミスをした時

心の中で言い訳をしたり、人のせいにする気持ちを持ったり

或いはチームの誰かがミスをした時

自分のせいじゃないことにほっと胸をなでおろしたり

ということが 時に あったことを思い出す。

 

 

 

すこぶる弱いチームであった。

 

 

 

オリンピック選手たちは

何故いつも笑顔でチームのミスを受け入れ、愛情いっぱいにカバーしているのだろうか?

 

「一流のアスリートたちは、気持ちが常にポジティブで、ミスしても他人のせいにはしない。

何故なら、他人や環境ををコントロールすることはできないことを知っている。

自分ではどうすることもできないことについて悩んだり、不平や不満をいうのは時間の無駄で

今ある環境や状況の中で自分ができる最善の事をしようというプラス思考が身についている。

だからミスをしても立ち直りが早く、改善するための行動へと素早く移れるのだ。 CIRCUS7月号」

 

 

会社組織内でも同じことがいえる

 

会社にいる意味や役割が自覚できないままする仕事に

良い成果は生まれない 

いつも

やらされていると思いながら仕事をすれば

上司に注意されればまことしやかに反発心が生まれるか、言い訳を言うか、どちらかだ。

 

不景気や、給料の不満や会社の同僚、上司、組織についての不満等

自分以外の誰かのせいにしていることに気づくことすらない。 

 

一流アスリートたちのように

「根性」よりも「チャレンジ」する気持ちをもち

仕事が好きで楽しくて面白いと思う気持ちで何事も望めば

自然と笑顔がでて、同僚のミスを愛情いっぱいにカバーできるようになるのだろう。

 

それは結果として繁栄へ導くことになる。

 

 

「人のせいにする」 ことをやめれば

今以上の成長が望める。

 それだけでなく

人からの信頼もあつくなり

自然とまわりに人が集まり

何かが起きれば助けてくれる。

 

 

だから

 

最も生産的で、物事が即解決する方法は

 

 「人のせいにしない」

 

ことだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ
 前のページへ:営業マン 次のページへ:領土問題