「 お勉強の時間 」:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> なんでんかんでん >>「 お勉強の時間 」
 

なんでんかんでん

2015/06/23「 お勉強の時間 」

今年、下の子が小学一年生になりました。

今は「あいうえお」と「数」の授業をがんばっています。

上の娘も5年生になり、入学と同時に「ゆとり教育」が終わった世代、

なんとか授業についていっているようです。

 

わたし自身は「つめ込み教育」世代なのですが、

同時にベビーブームでもあったので、

子供の多さで先生の目が届かないのをいいことに 

勉強を全くしていませんでした。

今思えば 少しはやっとけば良かったかな?......。

 

学校とは勉強をしに行くところと思っていました。 

が、最近とてもいい話を聞きました。

安本衛先生という さだまさしさんや、欽ちゃん(萩本欽一)の高校の恩師だった方の言葉で、

 

「学校とは勉強をしに行くところではなく、

勉強とは学校を出てからするもの。

学校とは勉強をする為の方法を教わりに行く場所」 なのだそうだ。

 

学校に勉強をしに来てると思うから、

学校が終わったら勉強も終わったと勘違いし、それでおしまい。

 

「学校にいる間に勉強する方法を教わり、

学校が終わってから 自分の人生をかけ、

自分のテーマの勉強をしていく」 のだそうです。

 

テストをオールラウンドでいい成績をとっても、

社会に出ればきれいさっぱりわすれている。  

そんな人も多いと思います。

社会にでた今こそ本格的な勉強の時間。

学校で教わったことを活かして好きなことに熱中するのもいいでしょう。

 

だけど、授業をまともに聞いてなかったから勉強の方法がわからないや......。   

 

 やはり、学校の授業はしっかり聞いとかないとね......。

 

 

鹿児島営業所 鹿児島園材  東

ページトップ
 前のページへ:太陽光発電 vs 梅雨 次のページへ:石碑 (林芙美子)