夏休みの自由研究:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> なんでんかんでん >>夏休みの自由研究
 

なんでんかんでん

2016/09/09夏休みの自由研究

                    鹿児島営業所 鹿児島園材  東

今年の夏は暑かったですが 今回は涼しい(冷たい)話を...。

 

夏休み期間中 娘(小6)の自由研究を手伝いをしました。

 

毎年ネタを探すのが大変な様ですが、

今年は「ドライアイス」を使った実験。

 

私が子供の頃は買い物をすると保冷材用にドライアイスを貰い

家で洗面器に投げ込み あのモクモクの煙で遊んだものでした。

 

しかし、今はどこを探してもドライアイスを扱っていない。

アイス屋さんなどでは貰えるらしいのですが

少量すぎて実験に使える量じゃありません。

 

鹿児島中探したところ氷屋でなんとか購入。

 d.1.JPG

 

さあ、実験開始です。

 

まずはドライアイスの上にスプーンを乗せてみます。

 d.spoon.JPG

すると、「ビィーン!!」と高い音をたて ひとりでに震えだしました。

 

次はコインを載せてみます。

d.coin.JPG 

こちらもフルフルと震え出し、ポルターガイストの様...。

 

どちらもドライアイスが出す冷気と気体で動き出すようで

ドライアイスと同じ温度に冷えると動きが止まります。

 

 

 d.balloon1.JPG

今度は風船にドライアイスのかけらを入れてみる。


 d.balloon2.JPG

 みるみるとひとりでに膨れだす風船。

怖いので庭に放置。

最後は大爆発 風船時限爆弾です。

 

 

 d.3.JPGのサムネイル画像

次はペットボトルに入れたジュースにドライアイスを投入。

 

ボコボコと泡立ち、ペットボトルがぱんぱんに...。

危険を感じ 開けてみると

「バッシュ!!」っと大きな音とともにガスが抜け

とても美味しい炭酸ジュースが出来きました。

 

 

 d.4.JPG

お次は砕いたドライアイスにジュースを注ぎ、ひたすらかき混ぜる。

すると ジュースが固まり出し

あっという間に「シャーベット」の出来上がり。

 

 

 d.5.JPG

食べてみると「美味!!」

よく冷えたシャリシャリの触感に

口の中に入れるとドライアイスの冷気が鼻から

バシューッ!と吹き出し人間蒸気機関車状態に。

 

今までで食べたことのない美味しいデザートになっていました。

 

最後は残りのドライアイスをボウルに入れ、

バナナとトマトを投入。(本当はスイカなどがいいらしい)

そこに水を流し込み あふれ出す冷気とともにクーラーバックに収納。

d.6.JPG 

 

そして4時間待ちます。

 

4時間後 中を開けてみると

 d.7.JPG

 ドライアイスもガスもなくなり

残ったのはドライアイスで凍った氷とフルーツのみ。

 

 食べてみると

口の中で炭酸がはじける

不思議触感のフルーツになっていました。

 

なんだか 自由研究なのか とんでも料理教室なのか

解らなくなりましたが、こんな実験が自由研究になったかどうかは

ドライアイスだけに煙に巻きます...。

ページトップ
 前のページへ:「 暑い夏 」 次のページへ:宮崎牛