右と左のバランス:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> なんでんかんでん >>右と左のバランス
 

なんでんかんでん

2017/10/02右と左のバランス

                          宮崎営業所 宮崎園材  日高

仕事終わり、時々整骨院に通っている。

昔からの姿勢の悪さからか、歳のせいか、仕事柄か、

どうしても骨に左右の歪みがでて、肩こり・腰痛がある。

 

まあ、かなりの人が大なり小なり、それなりの症状はあるでしょう・

でも、たかだかこれぐらいと思っても、歪みの場所によっては、

めまい、ふらつき、痺れ、耳や目、自律神経・・・等々あちこちに症状が出てくる。

それを知らないで、急に症状が出ると、始めはちょっとあたふたする。

骨は大事である。左右のバランスは姿勢から・・・きちんとすれば大丈夫。

(でも、本当にどこか悪いこともあるので、そんな時は、まずは病院へ)

 

さて、ここからが本題。

 

もうすぐ選挙。

 

テレビや新聞でいろいろ報じられているが、気をつけてほしいのは、

マスコミはほとんど"左(リベラル)側"、

つまりは政府に批判的な立場だということ。

この前の安保法や特定機密保護法の時の、安倍政権への集中攻撃は凄かった。

アメリカでは、フェイクニュースがどうこう言われといるが、日本の場合は、

ワンサイド(レフトサイド)ニュース・といったところだろうか。

 

新聞の場合は、社説・読者欄・テレビの場合は、街角インタビューを見るとその社が、どちら側か分かりやすい。

 本来は賛否両方あるはずが、政府に批判的な声を多めに伝えて、

まるで世論はそういう声が多数であるかのような感覚になってしまう。

私は、主に産経新聞を読んでいる。(あと共同系の地元新聞を参考的に)

もちろん、左寄りの情報過多の中、右へバランスをとるためである。


というわけで、今、マスコミが大きく取り上げ(持ち上げ)ているものには、注意が必要である。(今だに"あの人"の本心は解らない)


ほんの数日前、街角インタビューで「与党にお灸を据える」という声を聞いた。

その火の粉は、まわりまわって自分に降りかかって来る。

まあ、以前の経験から分かっていると思うが・・・

      

お灸が効くのは、肩こりや腰痛である。

どちらも"しせい(姿勢と施政)"には関係するが・・・   おわり

higan.JPG

ページトップ
 前のページへ:韓国ドラマ 次のページへ:カメムシとスズメバチの極悪タッグ