「 コラコラ!コミック 」:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> なんでんかんでん >>「 コラコラ!コミック 」
 

なんでんかんでん

2018/03/19「 コラコラ!コミック 」

                           鹿児島営業所 鹿児島園材  東 


日本は世界が認めるマンガ王国です。

今やマンガは子供だけでなく年齢問わず広く読まれ社会に浸透しています。

そんな日本のマンガ文化に世界の人々は親しみと憧れを抱き観光にも繋がっている状況です。

 

 

先日ニュースを見ていると大手出版社の発行する雑誌が海外から抗議を受けているとのことでした。

その雑誌は私が子供の頃から販売し続けている小学館の「コロコロコミック」。

 

ニュースによると コロコロコミック3月号でモンゴルの英雄「チンギス・ハーン」を侮辱した内容が掲載され
モンゴル関係者から多くの抗議が寄せられているそうです。

 

どんな内容なのか気になっていると 私の足元で息子がコタツに入って何やら読んでいる様子。 
ふとみて見ると息子が手に持っているのは件の「コロコロコミック3月号」ではありませんか!


manga1.JPG



なんと火中の雑誌が我が家にある!

嫌がる息子から雑誌を奪い取ると、

...........................

...........................

なるほど。 

モンゴル人も怒る納得の内容でした。

 

人気マンガ「やりすぎ!!!イタズラくん」でイタズラ君が
誰でも昔やったことがある教科書の偉人に落書きをするという内容でした。

その歴史上の人物の中にチンギス・ハーンも含まれており 作中で派手に落書きされています。

 

我が国の歴史的人物だけならまだマシも、他国の人物 
しかもモンゴルの人が敬愛する英雄に落書きをした作品を掲載するのはどうなのでしょう?

 

作中だけならその作者の他国に対する配慮が無かったですむかもしれませんが、
最悪なのは雑誌に一枚のはがきが付いており、
そこに印刷された足利義満とチンギス・ハーンに面白い落書きをして募集するものです。


manga2.JPG



折しも大手出版会社の編集者がマンガの内容を受理した上に、
雑誌をあげて子供たちにも偉人の落書きを進めるような募集をかけるのはいかがなものでしょうか?

大の大人が揃っていながら誰もストップをかける人はいなかったのでしょうか?

 

今回の事件では小学館側がモンゴル関係者にお詫びの記事を掲載し、
3月号の書店から回収や購入者からの返金に応じています。

 

 

昨今のマンガは出尽くしたアイディアにインパクトを与える為
より過激でショッキングな内容や場面が増えています。

いくら幅広い年齢層が読んでいても一番の読者は子供達。 
そこに配慮した内容であってほしいものです。

 

小学館の有名なマンガと言えば「ドラえもん」。

今回の事件で小学館側はドラえもんの道具を使って時間を戻したいのではないでしょうか?

 

 

「おねがい何とかしてよ~...... ドラえも~ん!!」


manga3.JPG

ページトップ
 前のページへ:「 そだねぇ~ 」 次のページへ:「縁」