十の災い:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> なんでんかんでん >>十の災い
 

なんでんかんでん

2020/03/23十の災い

                           鹿児島営業所 鹿児島園材  東

現在 世界中で猛威を振るう「コロナウィルス」

中国の武漢から発した謎の病原菌は今や世界中に広がり、日本でも学校が休校になったりイベントが中止になるなど様々な影響が出ています。

 

世界中で多くの感染者や死亡者を出していますが、発端になった中国では発病者が既に8万人を越え死亡者も3千人を越えています

そんな中国ですがコロナ以外にも新たな脅威が近づきつつあるのをご存知でしょうか?

 

中東からインドを経由して今まさに中国に近づきつつあるのが「イナゴの大群」

しかもその数200兆匹超え!

 

イナゴは地中に卵を産むそうで乾期が続くと卵は孵らず ロトくじのキャリーオーバの如く年々卵は増え続け 気候の条件が整うと卵が一気に孵り地中から大量のイナゴが出現するそうです。

 

食欲は旺盛で日に2グラムは食すそうなのですが その数が200兆匹ともなると一日で5万人程の食物・食料を食い荒らすのだそう。

 

しかも移動するスピードも早く一日に150kmも移動し、その通った跡には草木一本残らないそう......

 

あれ? この話何かで見たことある。

 

思い返してみると旧約聖書の「出エジプト記」じゃないですか!

 

「出エジプト記」は聖書の中でも有名なモーセがユダヤ人たちをエジプトから救い出す話ですが、ユダヤ人の開放を拒むファラオに対してモーセが唱えた神からのお告げの中に「十の災い」があります。

 

十の災いとは

 

①水が血に変わる

②蛙の大群

③ブヨの大群

④アブの大群

⑤疫病の発生

⑥皮膚病の発生

⑦ヒョウが降る

⑧イナゴの大群

⑨空が暗闇に覆われる

⑩国中の長子が亡くなる

 

なのですが、

 

①の「水が血に変わる」は中国の深刻な大気汚染で川が赤く染まっているニュースを見たことがあります。

 

②③④は未確認

 

⑤の「疫病の発生」は正に今のコロナウィルスのことでしょうか?

 

⑥の「皮膚病」はコレも深刻な大気汚染や化学物質で皮膚病を患う人が増えているそうです。

 

⑦は未確認 

 

⑧の「イナゴ」は冒頭で言ったとおり

 

⑨の「空が暗闇」というのは大気汚染で霧に覆われ昼間でも薄暗い現状のことでしょうか?

それとも皆既日食のことかも?

 

⑩「長子が亡くなる」は中国の36年も続いた「一人っ子政策」において今の中国人はほとんどが長子 疫病や環境汚染 交通事故で亡くなれば必然的に長子が亡くなることになるのではないでしょうか?

 

 

まあ、オカルト的な考えなので現実的ではありませんがそう考えるとほとんどが当てはまり恐ろしくなります。

 

兎に角 今私たちがやれることは「手洗い・うがい・マスク着用」で

環境汚染を防ぎ豊かな国土を守ることだと思います。

 

 

皆さんもお身体にはくれぐれもお気をつけください。

 

ページトップ
 前のページへ:宇宙の彼方に飛んでいけ! 次のページへ:志村けんさん