ラーメン:庭・ガーデニング・植木の造園業者紹介サイト お庭の匠 

お庭の匠一覧へ
ギャラリー一覧へ
トップ >> なんでんかんでん >>ラーメン
 

なんでんかんでん

2020/06/24ラーメン

                                                                                                                                                                                   鹿児島園材   河島

すでに語り尽くされた感のあるラーメンについて

僕はラーメンに対してそこまでの熱い情熱を注いではおりませんが、 それでも美味しいラーメンには感動します。


スープは九州男児としてやはり豚骨だけは譲れないところであります。

しょうゆ、塩、味噌と確かに美味しいですが、お店に入ってお金を払う際、100%ド豚骨ラーメンに対してだけ心の中で納得して支払いしている自分に気付くときがあります。
640x640_rect_105671882.jpgda5e3071.jpg


東京にいた頃、友人に"すげー美味しい、行列の出来るラーメンを食いに行こうぜ!" と誘われ、1時間並んだ挙げ句にあっさり味の塩ラーメンだった時は、なぜだかわからない虚しく悔しい感情が湧き上がってきたのを覚えております。
また千歳空港のラーメン街では食べなきゃだめだよな!と言うことで2度くらい味噌ラーメンに浮気をしたこともありました。 もちろん美味しいのですが、なぜだか自分の中で"なんか違うな..." と、 今考えればそのような感情が生まれていた気がします。



僕の中では、美味しいラーメンとは 濃厚で、くっさくて、体に悪そうだけれどそれでもついスープを飲み干してしまうほどのド豚骨ラーメンだ! と 変な、いや生まれながらの豚骨魂が眠っているのかもしれません。



鹿児島に来ておよそ半年が経ちましたが、まだ全然ラーメンを食していない事に気がつきました。 3店舗ほど行きましたが、僕の胸を打つような臭くてこってりの豚骨ラーメンにはまだ出会えておりません。 きっとネット上には情報があふれかえっているのかもしれませんが、未検索のままでした。
22-64980.jpeg


これは個人的な問題なのですが、僕はニンニクが好きすぎるので、ラーメン店のテーブル上に薬味のおろしニンニクが置いてあれば、それだけで味の評価が★3から★4に上がってしまいます。
と言うことなので、もしかしたら僕にはやっぱりラーメンを語る資格はなかったのかもしれません...。

ページトップ
 前のページへ:「色んなモノが飛んでくる」 次のページへ:紫陽花